プレゼント交換.com

プレゼント交換.com

究極の納豆の混ぜ方とは?魯山人納豆鉢

究極の納豆の混ぜ方とは?魯山人納豆鉢

美食家で知られる北大路魯山人。

あの「美味しんぼ」の海原雄山のモデルになった人物とも言われており
実際に”美食倶楽部”を作った陶芸家としても有名です。

この究極の食へのこだわり家、魯山人は納豆の食べ方にも大変なこだわりが
あったようですね^^;

その食べ方とは

「納豆は小粒。向付と呼ばれる深型の器を用意。まずは何も加えずに305回かき回す。そこで醤油を入れて更に119回かき回す。(醤油は2、3回に分けて)そして最後にネギと和辛子を入れる」

トータルで424回かき回すそうですよ(@@;)

私も以前TVで見たような記憶があったのですが
「ためしてガッテン」でもやっていたようですね。

で糸も引かなくなるほど混ぜるとふわっとした
美味しい納豆になるそうです。

で、この魯山人の納豆の食べ方を再現するグッズが、
あのタカラトミーから出ているんです。

本体に納豆を入れて蓋をして上部のハンドルを回して納豆を撹拌。

で、これの面白いところが305回でパカッと蓋があき
醤油を入れ、424回で目盛りが”完”と出てまた蓋が空いて
出来上がり~となるんです(笑)

え~っ、424回もめんどくさ~い

それだけ回さないと開かないの?

っていう人もいるでしょうから、そこはちゃんと
自分流モードもあるみたいですね(笑)

で、実際、魯山人風で混ぜると美味しいのでしょうか?

答えは
「美味しいらしいです!」

こういうのってよっぽど納豆好きでなければ
自分で買わないかもしれませんが、
プレゼントされたのならチョット試してみたいですよね^^

納豆完全NGの人にあたってしまうと悲劇ですけどね。

まぁそれはそれで、プレゼント交換の醍醐味といれるのでは
ないでしょうか(笑)

私だったらウレシイかな~

Return Top